脂肪を燃やすには、朝の3つの習慣で差をつける!

Sponsored Link




はじめに

こんにちは、Ariです。

長時間座ったままの生活、気がついたらお腹周りに脂肪がついていたってことはありませんか?

また、年齢を重ねると脂肪はつきやすく、落ちにくくなっていきます。

今回は朝に行う3つの習慣で効果的に脂肪を燃焼する方法を紹介します。

Sponsored Link

起きたら白湯、そしてコーヒーまたは緑茶を飲む

寝起きにまずは白湯を飲んで胃腸を温め代謝を高めます。その後オーガニックのコーヒーか緑茶を飲み、脂肪を燃焼しやすい状態を作ります。

ここで気をつけるのは、コーヒーや緑茶に何も入れないことです。お砂糖、ミルク、MTCオイル、バターなどを付け足すのを我慢します。コーヒーと緑茶をノーカロリーで飲むのがポイントです。

有酸素運動

寝起きにコーヒーか緑茶だけ飲んで、胃袋には他に何も入っていない状態で10〜40分の有酸素運動をします。

空腹状態で有酸素運動することで、脂肪を燃やしてエネルギーにします。

有酸素運動は早歩きの散歩(日光を浴びてビタミンDを生成し、概日リズムを整える効果も!)、ヨガ、サイクリング、スイミングなどがあげられます。

息を切らさない程度の自分の好きな運動を選びましょう。

冷水シャワーを浴びる

運動が終わったら、2〜5分ほど冷水シャワーを浴びましょう。冷水と温水の交互のシャワーでもOKです。

身体を冷気にさらすことで褐色脂肪組織が増加します。褐色脂肪組織は熱を作るためにエネルギーを消費します。

冷水シャワーに関してはこちらの記事をご参考に。

はじめに こんにちは、Ariです。私は、雪国生まれ、雪国育ちなのに寒いのは大の苦手。あったかいお風呂につかっていると...

最後に

以上が脂肪を効果的に燃やす朝の3つの習慣です。体型を引き締め、維持したい人はぜひトライしてください。

Healing Within NZでは、みなさまの美容や健康に関する悩みや質問にお答えします。お気軽にお問い合わせください。

Sponsored Link




Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me